トップページ > 2012年 > 8月

総量規制とは?

総量規制とは、2010年6月18日より施行された新しいルール(総量規制)で年収の3分の1以上の借入れをしている方は新規の借入れが出来なくなりました。

過剰借入の防止を目的として、個人の方が貸金業者から借入する場合に、お借入総額を原則、年収の1/3以下までに制限する制度のことです。

総量規制は個人の方の利益を保護することが目的であり、住宅ローンなどは対象外となります。

不動産活用ローンの場合は、多くのケースで年収の1/3を超えても借入が認められています。
例えば、賃貸アパート駐車場といったご自宅以外の不動産を担保とする場合、個人事業主の方の事業資金や借換え資金、開業資金についてもお取扱いの対象となります。

更に、不動産をお買い求めになる際の資金やリフォーム資金、また担保となる不動産を売却して返済する予定の場合には、借換資金やその他の資金でも、借入が認められています。

総量規制には、「除外」または「例外」となる貸付けがあります。
総量規制の対象とならない貸付け(「不動産購入のための貸付け」「自動車購入時の自動車担保貸付け」 など)を「除外の貸付け」といいます。

不動産担保ローンのユニバーサルコーポレーションは親身になってご相談にお応えします。

総量規制についてもっと詳しく聞きたい。

また分からない事などございましたら、お気軽にお電話下さい。

ご相談は無料です。 03-5246-7050

ユニバーサルコーポレーションではお客様の目的に合った様々なタイプの不動産融資を行っております。

不動産担保融資商品一覧はこちらです。