トップページ > 2014年 > 3月

yahooがイー・アクセスを買収

yahoo(ヤフー)が親会社であるソフトバンクからイー・アクセスを3240億円で買収し、携帯電話事業に参入することを発表しました。イー・アクセスは6月1日に簡易型携帯電話(PHS)会社のウィルコムと合併する予定となっており、yahooのネットサービスとイー・アクセスの通信サービスを組み合わせ、スマートフォンなどへのコンテンツの配信やeコマース事業を拡充していくようです。

JALが国内線の運賃値上げへ

26日、日本航空は円安で航空機燃料の調達コストがかさんでいることを理由に今年7月からの国内線の運賃を6年ぶりに値上げすることを発表しました。7月4日から10月25日までの間、国内線のほぼ全路線の運賃が値上げされるようで平均で1.5%、路線によっては9%ほどの値上げとなります。10月26日以降の運賃は今後検討されるようです。

再生可能エネルギー賦課金、買取増え負担倍増

経済産業省は、太陽光など再生可能エネルギーの発電を推進するために、電力料金に毎月上乗せされている「賦課金」が、2014年度は電気使用量が月300キロワット時の標準家庭で月額225円になると発表しました。2013年度は120円だっため約2倍近い負担になる見通しです。
2014年度に新たに設備認定される太陽光の買い取り価格は10キロワット以上の非住宅用で1キロワット時当たり32円で、2013年度より4円引き下げられますが、既設の太陽光については従来の価格での買い取りが続く仕組みとなっており、買い取り量が増える分だけ賦課金も増えるようです。経産省は賦課金の計算方法を見直すことも決定しているようですが、消費税増税に加えて家計への負担がさらに増えそうです。

日建連が女性労働者を5年以内に2倍に

日本建設業連合会(日建連)は建設現場での人手不足対策の一環として、一定の技術を身に付けた女性の人数を5年以内に2倍に引き上げる目標を発表しました。東日本大震災の被災地復興に加えて2020年の東京五輪の開催で、今後の建設需要は増える見通しとなっており、人手不足が深刻化しそうです。

西鉄が太宰府観光列車「旅人(たびと)」の運行を開始

22日、西日本鉄道が初の観光列車「旅人(たびと)」の運行を開始しました。太宰府の観光スポットを日本画風に描いた外装と内装は、車両別に6つのテーマ「学業成就、健康長寿、厄除け、安産、家内安全、縁結び」が設定され、それを表す和文様で構成されており、かなえたい願いの車両を選んで乗車するなどの楽しみ方ができます。追加料金は不要で普通運賃で乗ることができ、太宰府の観光パンフレットや物産品を展示するディスプレイキャビネット、観光客や子供向けの記念スタンプ台も設置されています。太宰府への旅がさらに楽しめる列車となっているようです。

マクドナルド、消費増税後にハンバーガー値下げ

日本マクドナルドは、増税後の販売減少の対策としてハンバーガーの税込み価格を現在の120円から100円に、チーズバーガーは150円から133円に値下げするようです。また、4月1日からの消費増税後も「100円マック」シリーズ商品は税込み価格100円を維持し、それ以外の商品については増税分を現行価格に上乗せになります。増税後も割安感を打ち出して消費者を呼び込もうとしているようです。

2月の貿易収支が8003億円の赤字に

19日、財務省が発表した2月の貿易統計によりますと、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は、8003億円の赤字となりました。貿易赤字は20カ月連続で、2013年9月以降最長期間を更新し続けています。円安が進んだ影響で、輸出額は前年実績を上回りましたが、火力発電用の原油や液化天然ガス(LNG)などの高水準の燃料輸入などが増加したため、貿易赤字額は前年同月の7733億円の赤字を大きく上回ってしまったようです。

東京コレクションが開幕

2014年秋冬の東京コレクションが渋谷ヒカリエで開幕しました。今期は国内のブランドに加え英国や韓国、インドネシアなど海外からも8ブランドが参加し、22日までに45ブランドが新作を発表します。
関係者以外の人たちにも関心をもってもらうために展示会や都内のデパートへの出店など関連のイベントもおこなわれるようです。

クレジットカード利用者が急増

4月の消費税率引き上げを目前に、クレジットカードの利用者が急増しているようです。
これは、後払いになるクレジットカードの利点を利用して、消費税率が5%の今のうちにまとめ買いしておこうという利用者が多くなっているためのようです。特に金利や手数料の負担がない「夏のボーナス1回払い」の利用者が目立っているようで、多くの消費者が積極的に活用しているようです。消費増税後は節約志向が強まるため、ポイントを目当てに日用品や食品などの買い物でカード利用も増えるのではとみられています。

三井物産が国内最大級のトマト生産工場を建設

三井物産が農業生産法人のサラダボウルと共同で山梨県北杜市に国内最大級のトマト生産工場を建設することを発表しました。三井物産がサラダボウルと共同出資して、トマトの生産・販売会社アグリビジョンを設立し太陽光やITを利用して年間通じて低農薬で糖度が高い高品質のトマトを生産します。2015年6月に初出荷予定で16年度には750トンの生産を目指しているようです。