トップページ > 2014年 > 5月

ガソリン価格が165円を突破

4月の消費税増税分に加え、ウクライナ情勢の緊迫化などのため原油価格が高値で推移しているためガソリンの価格が上昇し、レギュラーガソリンの全国平均小売価格が165円を突破しました。ガソリン価格は4月からの消費増税で1リットル当たり約5円上昇し、その後も価格上昇が続いており2008年9月以来の高値となっているようです。

高度専門職が労働時間規制なしに

厚生労働省は「高度な専門職」で年収が数千万円以上の人を労働時間規制の対象外とし、仕事の「成果」だけに応じて賃金を払う新制度を導入する方針を固めました。対象者には企業の各部門で中核・専門的な人材、将来の管理職候補などを挙げ、具体的には全社的な事業計画を策定したり、海外プロジェクトを手がけたりするリーダー、金融ビジネス関連のコンサルタントや資産運用担当者などを例示しました。厚労省は早ければ来年の通常国会に労働基準法改正案を提出し16年4月にも導入するようです。

フレーバーウォーター市場が拡大

水に少量の果汁やフルーツの香りなどを加えた「フレーバーウォーター」が人気を集めており市場が拡大しているようです。ジュースほど甘くなく低カロリーでさわやかな香りとすっきりとした後味が消費者に人気のようで、今年も各社が新商品を次々と発売しています。「フレーバーウォーター」の人気はまだまだ続くようです。

日本生命保険14年3月期の基礎利益が増加

日本生命保険が、2014年3月期の本業のもうけを示す基礎利益が前期比8.4%増の5924億円となったことを発表しました。売上高にあたる保険料等収入は、一時払い終身保険の販売が減少した影響で9.7%減の4兆8255億円となりましたが、円安株高で運用環境が改善し、債券の利息や株式の配当金収入が増えたことで運用環境が改善したようです。

格安タクシーに近畿運輸局が値上げ命令へ

国土交通省近畿運輸局がタクシー運賃を公定幅内にしようとしない大阪など4府県の20の格安事業者に運賃変更命令を出す方針を固めました。命令から15日程たっても運賃変更を届け出なければ車両の使用停止の処分、最終的には事業許可を取り消すことになりますが、20業者はいずれも「憲法が保障する営業の自由を侵害する」として、運賃変更命令の差し止めなどを求めて大阪地裁に提訴しています。消費者にとっては続きがとても気になるところです。
追記:23日に大阪地裁が運賃変更命令などの行政処分を出さないよう求めた仮処分申請を認めました。これにより国側は当面、運賃変更命令などを出せなくなったようです。

7月の電気・ガス料金が8か月ぶりに一斉値下げへ

電力10社と都市ガス大手4社が、発電や都市ガス製造に使う液化天然ガス(LNG)などの輸入価格が下落したため7月分の電気やガスの料金をそれぞれ値下げすると発表しました。一斉値下げは2013年11月以来8ヶ月ぶりとなります。そろそろエアコンが活躍する時期なので、家計には大助かりのニュースとなるようです。

トヨタほか自動車4社がEV充電インフラ整備会社設立へ

トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、三菱自動車の4社が共同出資で電気自動車(EV)の充電インフラを整備する新会社を設立します。充電用の各社共通カードの発行や、利用者向けのコールセンターの設置などをすすめます。充電器不足のために販売が伸び悩んでいるEVの利用環境を整えて、電気自動車の普及を促すようです。

イオンと丸紅がスーパー3社を統合

流通大手のイオンと大手商社の丸紅が資本提携しているマルエツなど、首都圏を中心に店舗を持つ食品スーパー3社を来年春までに経営統合する方針を発表しました。
これにより両社が出資する食品スーパーのマルエツと、イオンが出資するカスミ、イオンの子会社のマックスバリュ関東が統合されることになります。統合後は、首都圏を中心に約470店舗を持つグループとなり、食品スーパーとしては最大手となるようです。

2013年度の現金給与が3年ぶりにプラスに

 厚生労働省が16日発表した2013年度の毎月勤労統計調査によりますと、従業員5人以上の事業所で支払われた一人当たり現金給与額は、前年度比0.1%増の1ヵ月平均31万3995円となり3年ぶりにプラスとなりました。基本給や家族手当等の所定内給与は前年度比0.5%減となっていますが、残業代などの所定外給与やボーナスなどの特別に支払われる給与が増加したことでプラスに転じたようです。

第一生命が契約者配当を6年ぶりに増配

第一生命保険が、2014年3月期分の個人保険の契約者配当を6年ぶりに増やすと発表しました。対象は550万件で、増配額は15億円となります。円安株高により資産運用環境が好調なため、契約者への利益還元を増加するようです。明治安田生命保険と住友生命保険も増配を決めており、生保の財務改善があきらかになってきているようです。