トップページ > 2014年 > 7月

夏休みの出費予定が2年連続で増加

明治安田生命保険が発表した「夏休みに関するアンケート」によりますと、夏休みの出費予定金額が1世帯当たり平均8万4891円で、昨年の調査より1269円増となり2年連続で増加しました。ボーナスの増加や景気の回復傾向が反映された結果となったようです。

起業家に年650万の生活費支給へ

政府がサラリーマンなどをやめて起業する人に年間650万円の生活費を最長2年間支給する制度を今年度中に開始することを発表しました。
起業家が、経済産業省所管の独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の関連会社の契約社員になる形をとり、NEDOが生活費を「給与」として支払うという制度です。8月18日まで募集し、15社(1社当たり最大3人)程度を選ぶ予定です。優秀な技術者や研究者の起業を後押ししてくれそうです。

UCCがブルーマウンテンを4割値上げ

UCC上島珈琲が、ジャマイカ産の高級コーヒー豆「ブルーマウンテン」を使った家庭用のコーヒー製品(スーパーなどで販売しているレギュラーコーヒーやインスタントコーヒーなど)を9月1日から約4割値上げすると発表しました。自然災害などで生産量が激減し、仕入れ値が上がっているためで、収穫の回復には3年程度かかるため仕入れ値の上昇はしばらく続きそうです。

三菱東京UFJ銀行が契約社員を無期雇用へ

三菱東京UFJ銀行が、来年4月から契約社員を契約更新なしで60歳まで働ける無期雇用とする方針を固めました。契約社員や嘱託社員のうち3年以上継続して働いている人について、希望者は原則として来年4月から契約更新なしで正社員と同様に定年まで働ける無期雇用とするようです。非正規社員の待遇改善を進めて人材確保につなげるようです。

アマゾンが格安スマホを発売

米Amazon.comの日本法人が、月額2980円で音声通話と高速データ通信「LTE」が利用できるスマートフォンを8月1日に発売します。アマゾンが発売するのは、韓国LG電子が開発した最新スマホ「G2ミニ」に、仮想移動体通信事業者(MVNO)大手の日本通信の回線サービスをセットにした商品で契約後3年目からは端末代を除く通信料金1560円のみで利用できるようになります。アマゾンの格安スマホ参入で市場が一気に拡大しそうです。

米アップルが2期連続増収増益

米アップルが発表した今年4~6月期決算は、売上高が前年同期比6.0%増の374億3200万ドル(日本円で約3兆7980億円)純利益が12.3%増の77億4800万ドル(日本円で約7860億円)で4~6月期の売上高としては過去最高となり2四半期連続の増収増益となりました。iPhoneの販売が好調だったことが要因となったようです。

卵の値段が高止まり

卵の値段が高止まりしているようです。
卵の卸売り国内最大手「JA全農たまご」によりますと、6月平均の卸売価格は1キロ・グラム当たり199円となり昨年同月の155円から28%も値上がりしています。何かと欠かせない卵。飲食店や家庭の食卓にとっては大きなダメージとなりそうです。

全日空が貨物便を利用した深夜便を就航

全日空が8月末までの夏休みシーズン限定で、貨物便の空いている座席を開放して羽田~沖縄を格安で結ぶ深夜便を就航させました。羽田を午前0時に出発し、午前2時半に那覇に到着する便となっていますが、運賃が日中のフライトの半額以下ということもあり、すでに8割を超える予約率となっているようです。

シャープが百数十億円の赤字に

 経営再建中のシャープの2014年4~6月期連結決算は、純損益が百数十億円の赤字となる見通しとなりました。欧州での太陽光発電事業からの撤退で143億円の特別損失が生じたことが要因となったようです。

ガソリンが12週連続で値上がり

経済産業省資源エネルギー庁が16日に発表した14日時点のレギュラーガソリンの全国平均小売価格が1リットル当たり169.9円となり12週連続で値上がりしました。これは、リーマン・ショックがあった平成20年9月末以来、約5年10カ月ぶりの高値水準で、イラク情勢の悪化などを受けた原油高が影響しているようです。