トップページ > 2014年 > 9月

ローソンが成城石井を買収へ

ンビニエンスストア大手のローソンが、高級スーパーを展開する「成城石井」を買収する方針を固めました。買収後も成城石井のブランドをそのまま活用して商品調達や物流面でローソンのノウハウなどを取り入れて収益をさらに向上する考えのようです。買収額は約565億円とみられています。

民間企業の給与が3年ぶりに増加

国税庁の実態統計調査によりますと、民間企業で働く会社員やパート従業員が平成25年の1年間に受け取った給与の平均が前年比5万6千円増の413万6千円となり3年ぶりに増加しました。役員を除く正規社員は前年度より増加しましたが、アルバイトなどの非正規社員は前年比減となり差が広がったようです。

企業のネットバンキング被害が大幅に減少

全国銀行協会が、法人企業がインターネットバンキングで預金を盗まれる不正送金被害が7月の18件、1億6200万円から8月1件、金額で2900万円と大幅に減少したことを発表しました。全銀協は、7月に銀行が法人に被害額を補償する際の基準となる指針をまとめており、一定の効果を発揮したのではないかとみられています。

キリンが地ビール最大手に出資

キリンビールがクラフトビール(地ビール)最大手のヤッホーブルーイングと業務・資本提携すると発表しました。キリンは10月にヤッホーの株式の約3割超を取得し、星野リゾートに続く第2位株主となって商品の製造や開発を強化するようです。

イオンがダイエーを完全子会社化へ

流通大手イオンが、ダイエーの完全子会社化に向けて検討を始めたことを明らかにしました。
イオンは、ダイエーの発行済み株式の44%強を保有する筆頭株主となっており、年春をめどに保有比率を100%に引き上げる予定です。これによりダイエーは上場廃止となります。イオンは、ダイエーの店舗再編を進めて採算を改善していく方針のようです。

羽田と都心駅結ぶ深夜・早朝バスが試験運行

国土交通省と東京都が10月26日より来年3月末まで、深夜と早朝に羽田空港と都心の主要駅などを結ぶバスを試験運行します。バスは午前1時台に羽田を出発、または午前4時台に羽田に到着するスケジュールで運行し東京駅、新宿駅、渋谷駅など5路線を羽田と結びます。公共交通機関が運行していなかった時間帯にバスを走らせることで日本を訪れる外国人の増加を狙っているようです。

ソニーの株価が終値8.6%の下落率

18日の東京株式市場でのソニーの株価が終値8.6%の下落率となり東証1部銘柄の値下がり率2位となりました。前日午後に発表された最終赤字が2300億円まで拡大すると業績予想の下方修正が影響したようです。

スタバ史上最高価格のコーヒーを販売

スターバックスコーヒージャパンがスタバ史上最高価格のコーヒーを、首都圏や大阪、名古屋などの国内48店限定で売り出します。値段はコーヒー1杯1998円(税込み)(一部店舗では1782円)、豆は一袋250g1万800円で販売されます。エチオピア南西部のゲシャ原産のゲイシャ種という希少な豆のうち、世界一高価とされるパナマ産が使用されており、日本ではパッケージにして約1,000個の非常に限られた数量での販売となるようです。

政府が電気自動車の高速料金一部補助を検討

政府が、電気自動車で高速道路を利用して長距離移動した場合、利用料金の一部を補助することを検討しており来年度の予算化を目指しています。
これは、電気自動車の普及促進の一環で、高速道路に設置される電気自動車向けの急速充電器が急増し、電気自動車の長距離走行に対応できるようになってきたため長距離運転の実態調査につなげる狙いもあるようです。家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車も対象となるようです。

王将が10月1日から値上げ

「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが10月1日から料理の大半を一斉に値上することを発表しました。値上により主力のギョーザは東日本では20円高の240円、西日本では20円高の220円となります。豚肉やエビなど原材料費や人件費などのコスト上昇が値上の要因となったようです。