トップページ > 2014年 > 10月

エナリスが太陽光の買い取りを一般家庭に拡大

新電力の株式会社エナリスが、太陽光発電を対象にした余剰電力買取サービスの対象を一般家庭に拡大したことを発表しました。
原則としてエナリスHEMSの導入を前提に、2014年度の新規契約分についての買い取り価格は、国が定める家庭用の買い取り価格より1円高い1キロワット時あたり税込38円に設定されています。家庭への太陽光発電の普及がさらに促進されそうです。

関西電力が今冬の賞与も見送りへ

関西電力が、社員約1万8千人を対象に今冬の賞与を見送ることを明らかにしました。昨年の夏と冬、今年の夏に続き2年連続で年間賞与ゼロとなります。
原発の停止による火力燃料費の増加が経営を圧迫しており、再稼働のめどが立たず今期も厳しい業績が見込まれるため人件費削減となるようです。

セブン&アイがネット通販で最速即日配達可能に

セブン&アイ・ホールディングスがグループの百貨店や専門店などで取り扱う商品のネット通販において、購入者が指定した「セブンーイレブン」店舗で最速当日中受け取ることができるサービスを開始します。
このサービスは来年秋に首都圏のセブンーイレブン約7000店で開始され、順次拡大されていく予定です。既存の配送インフラを活用するコンビニ受け取りを強化してネット通販の利便性をさらに向上させるようです。

トヨタ自動車の世界販売台数が過去最高に

トヨタ自動車が発表した2014年4~9月の世界販売台数(日野自動車とダイハツ工業を含む)が、前年同期比1%増の503万台となり、3年連続で過去最高を更新しました。
国内では、4月の消費税増税後の販売は減少したものの6.5%増の124万7千台となりました。また、海外での販売は、北米や中国を中心に大型車やスポーツ用多目的車などが好調で、2.9%増の385万台となったようです。

りそなグループ内送金が24時間可能に

金融大手の「りそなグループ」が、来年春からグループ内の銀行間で、土日祝日を含めて24時間、いつでも送金可能なサービスを開始することが明らかになりました。
来年4月からグループ内の「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「近畿大阪銀行」の3つの銀行の間で、土日や祝日も含めて24時間いつ振り込みを行っても直ちに送金が完了できるようになります。インターネットを使った個人向けの振り込みサービスが対象で、複数の銀行間の送金の24時間化は、大手銀行としては初の試みとなります。

三井住友信託が台湾大手金融グループと提携

三井住友信託銀行が、台湾の大手金融グループの中国信託金融ホールディングと包括的な業務提携を結ぶことを明らかにしました。両社は、日本やアジアでの取引先企業の相互紹介や協調融資などを行います。三井住友信託銀行は、中国信託側のネットワークを生かして、中国や東南アジアの事業強化を狙っているようです。

電力・ガス大手14社が12月は一斉に値下げ

電力大手10社と都市ガス大手4社が、発電や都市ガス製造に使う液化天然ガス(LNG)などの輸入価格が下落したため、12月の料金を引き下げる見込みです。これにより東京電力と中部電力は前月比15円程度の引き下げ、東北、関西、中国、九州などの8電力も、数円から10円程度の値下げとなり、東京ガスが10円程度の引き下げとなるようです。14社の一斉値下げは2カ月ぶりとなります。

2014年度上期の貿易収支が過去最大の赤字

財務省が発表した2014年度上期(4~9月)の貿易統計速報(通関ベース)によりますと、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支が5兆4271億円で過去最大の赤字額となりました。円安で原油など燃料の輸入額が膨らんだことや、原子力発電所の運転停止で火力発電用燃料の需要が高まったことで液化天然ガスなどの輸入額が増えたことが要因となったようです。

富士フイルムがエボラ出血熱対策薬を追加生産

富士フイルムが海外でのエボラ出血熱対策として「アビガン錠(ファビピラビル)」を追加生産することを発表しました。
ヨーロッパではエボラ出血熱治療の効果が期待される富士フイルムのグループ会社が開発したインフルエンザ治療薬の「ファビピラビル」が緊急で患者に投与されており、エボラ出血熱の感染拡大を受けて追加生産することとなったようです。11月にはフランス政府とギニア政府が「ファビピラビル」の臨床試験を始める予定になっているようです。

九電が地熱と水力発電の買い取りを再開検討

九州電力が地熱や水力の発電分の買い取りの再開を検討していることを発表しました。
現在九州電力は、太陽光などの再生可能エネルギーの電力の新たな買い取りを中断していますが、発電量の変動が小さい地熱や水力も太陽光と同様に中断することへの不満の声が出ていることから、買い取りを再開することを検討しました。地熱や水力発電は電力の供給量全体への影響も小さく、買い取りを再開しても問題ないと判断したようです。