トップページ > 2015年 > 11月

三菱UFJが金融ITベンチャー支援を開始

三菱UFJフィナンシャル・グループが、金融事業分野で優れた技術やアイデアを持つITベンチャー企業を支援する取り組みを開始することを発表しました。支援の対象となるのは資金決済や融資、資産管理、セキュリティーなど金融サービス関連の分野で革新的なアイデアを持つ、設立後5年程度までのベンチャー企業や、起業を計画している20歳以上の個人です。候補募集は12月18日から来年1月末迄で2月に選考を終了します。選ばれた事業提案者は3月上旬から約4カ月間事業の実現に向けた専門家などの支援が受けられるプログラムに参加できるほか、東京都内のオフィスを無料で使用できます。有望な技術などの事業化を支援し社外の革新的な技術を取り込む狙いがあるようです。

完全失業率が約20年の低水準に

総務省が発表した10月の完全失業率が、9月より0.3ポイント下がった3.1%となり約20年ぶりに低水準となりました。先月の就業者数は、6432万人となり前年同月比42万人増となり11か月連続で増加しました。また、完全失業者数は208万人となり前年同月比25万人減となり65か月連続で減少しました。人手不足が続き雇用に結びついているのではないかと見られているようです。

りそなが新型店舗の導入で約1000人の配置転換

りそなホールディングスが、少人数で効率よく運営する新型店舗の導入で平成31年度までに事務部門の約1,000人を営業部門に配置転換する計画を発表しました。間接部門の効率化により平成31年度までに約300億円の増益効果を見込んでいるようです。

最低賃金を1000円に引き上げ

安倍首相が経済財政諮問会議で、現在全国平均798円の最低賃金を来年以降、毎年3%程度引き上げ、1000円にすることを目指している考えを明らかにしました。国内総生産600兆円の達成の目標に向けた緊急対策の目玉にする考えのようです。

米製薬大手ファイザーがアラガンと合併

米製薬大手ファイザーとアイルランドのアラガンが合併することを発表しました。総額1600億ドル(日本円で約19兆7千億円)のM&Aで世界最大規模の製薬企業となります。2016年後半に合併手続きを終える見通しとなっているようです。

ローソンが銀行業に参入

ローソンが銀行業に参入する方針であることが明らかになりました。三菱UFJフィナンシャル・グループが協力してローソン店舗のATMでの預金口座の開設などローソンで現在対応していない金融サービスを展開して収益事業にするようです。

ビットコインなど仮想通貨が規制へ

金融庁が、ビットコインなどの仮想通貨に対する法規制の議論を開始しました。マネーロンダリングやテロ資金に悪用されることを防ぐため犯罪収益移転防止法の適用対象を広げることや口座開設時に顧客の本人確認を義務化することなどが検討されています。早ければ年末に報告をまとめ、来年の通常国会に関連法案を提出するようです。

10月の首都圏のマンション発売戸数が減少

不動産経済研究所が発表した10月の首都圏のマンション発売戸数が2921戸となり前年同月比6.5%減となりました。同月としては昭和47年の調査開始以降3番目の低水準となっておりマンションの傾斜問題が影響したことが原因となっているようです。

GDPが2期連続マイナスに

内閣府が発表した2015年7~9月期の国内総生産(GDP)の速報値が、物価変動の影響を除く実質で前期比0.2%減、年率換算で0.8%減となり4~6月期から2四半期連続のマイナス成長となりました。中国景気が減速したことや企業の設備投資が低調だったことなどが影響したようです。

りそな銀行が印鑑がなくても口座が開設できる新型店舗を開業

りそな銀行が、年中無休で個人向けの相談や契約を受け付ける新型店舗豊洲支店を開業しました。キャッシュカードと生体認証を使った取引が基本となっており印鑑がなくても口座が開設できます。タブレット端末を使って口座開設時に紙に記入する手間を省くなど手続きに必要な時間を大幅に短縮することができるようです。