トップページ > 金融関連ニュース > 日経平均株価が1万9000円割れ

日経平均株価が1万9000円割れ


14日の東京株式市場の日経平均株価が一時1万8700円台となり取引時間中としては11月5日以来、約1カ月半ぶりに1万9000円を下回りました。原油安を背景とする米国株の急落や円高を懸念してリスク回避のために売りが先行したことが影響したようです。